初心者必見!敷金と礼金についての基礎知識


敷金と礼金の意味とは

賃貸物件を借りる時は、初期費用として敷金や礼金を支払うのが一般的ですが、初めての場合はその意味や違いが分からないという人も多いのではないでしょうか。まず敷金は、家賃が支払えなかったり、部屋の一部を破損してしまった場合の弁償などに充てられる費用を、あらかじめ預けておくためのお金だと言えます。ですので、特に何事もなければ部屋を退去するときに返してもらうことが可能です。一方の礼金は、賃貸物件のオーナーに対するお礼の意味で渡すお金になります。そのため、敷金とは違って、部屋を退去する時に返してもらうことは出来ないので注意しておきましょう。敷金と礼金の相場については、どちらも家賃の1ヵ月分程度というケースが多いと言えます。

敷金と礼金がゼロの物件もある

敷金と礼金は、賃貸物件の初期費用が高くなってしまう要因になっていますが、最近では敷金や礼金がゼロで済むという物件も増えています。なぜ敷金や礼金がゼロの物件が存在するのかというと、物件の空き室を出来るだけ減らしたいというオーナー側の事情があるからです。そして入居する側も、初期費用を安く抑えることが出来るというメリットがあるため、手持ちのお金が少ない場合などに利用すると便利だと言えるでしょう。ただし特に敷金がゼロという場合は、部屋を退去する時に部屋の修繕やクリーニングなどの費用を請求されることがあるため、注意が必要です。また敷金がゼロの場合は、通常の賃貸物件より家賃が高く設定されているケースもあるため、その点も考慮した上で選ぶようにしましょう。

新札幌の賃貸は利便性が特徴の物件です。立地が非常に良い場所となっていますので、交通アクセスなどが便利です。