家造りをするときに資金計画をどのように考えるか


住宅ローンを組む場合の注意点

家造りを考えている場合には、住宅ローンを検討する必要があります。もちろん、住宅を現金で購入できる人は別ですがそうでなければ住宅ローンに頼ることになるはずです。実際に、住宅を購入している人や建築している人の多くが、住宅ローンを組んでいるのが特徴です。やはり、大きなお金ですので少しずつ払って行く点にメリットがあるといえるでしょう。

最近の住宅ローンの中には、頭金なしのプランが増えてきました。頭金なしのため、初回に用意するお金が少なくて済みます。当然ながら、初回に多くのお金を用意しなくても審査に通りやすくなるメリットがあるわけです。しかしながら、審査に通りやすい一方で毎月の返済額が大きくなってしまう傾向があるでしょう。頭金を支払っていない分だけ多くのお金を支払わなければならないため、住宅を手に入れた後の負担が大きくなりがちです。その点をよく計算したうえで、頭金なしのローンを組むようにしましょう。もし不安に感じるならば、頭金をしっかり支払ってから住宅を手に入れるべきです。

諸費用を忘れてはいけない

家造りの費用として大事になるのは、諸費用にあります。諸費用は初回に払う費用として必要なものになりますが、住宅を検討している段階ではすっかりその存在を忘れてしまいがちです。家造りを行う場合には、土地をどこにするか、あるいは住宅はどこのハウスメーカーや工務店に依頼するかという内容で頭の中がいっぱいになってしまう可能性があるからです。

ではいったい諸費用がどれぐらいになるかが問題になりますが、住宅の金額によって異なるもののおおよそ土地と建物の合計金額の1割程度になります。それらを頭の中に入れておき、話しを進めていきましょう。

2000万の家は非常にコストバランスに優れていますが、あれもこれもとこだわりすぎるとすぐ予算オーバーになってしまいます。希望するポイントを絞って予算を配分するようにしましょう。