住宅ローンの節税対策には住宅ローン控除の利用が断然お得


住宅ローンには節税対策の検討が大切

注文住宅購入と同時にほとんどの人は住宅ローンを組むと思います。マイホームを手に入れた喜びとともに、これから先、支払い続ける年数を考えると気が重くなるという人も多いことでしょう。住宅ローンの負担を抑えるために是非やっておきたい節税対策、住宅ローン控除についてまとめました。

住宅ローン控除の特徴は税額控除であること

住宅ローン控除は、所得控除ではなく直接税金から引かれる税額控除であるということ。そのために、ふるさと減税や医療控除よりもはるかに大きな恩恵をうけることができます。例えば、医療控除の場合、5万円が控除に該当するにしても、その金額がまるごと還付されるわけではありません。実際には5万円に所得税率を掛けた額が還付されるので、税率が10%とすると還付金は5千円ということになります。しかし、住宅ローン控除は税額控除なので、控除額がそのまま税金から引かれます。

住宅ローン控除の具体的な内容と、期待できる節税効果

住宅ローン控除は、毎年年末にローンの残高分の1%を所得税から控除するというものです。年間で40万円を上限とし、期間は10年間です。もしも、年末のローンの残額が2千万円だとすると、控除の額は20万円になります。この節税効果は非常に大きいですよね。ただし、この控除を受けるには一定の条件があるので注意が必要です。

住宅ローン控除を受けるための条件を知っておこう

まずは、住宅取得から6ヶ月以内に居住し、控除適用年の年末まで継続して住んでいることや、1年間の合計所得が3千万を超えないこと、さらに10年以上の住宅ローンを組んでいることなどがあげられます。また、住宅の床面積についての規定もあるので注意しましょう。
節税対策の中ではとても効果が高い住宅ローン控除を、最大限に活用することが重要ですね。

大阪の注文住宅では、坪単価が50万円未満で1000万円台の住宅を建築することができます。自分の好きなハウスメーカーを選ぶことが可能です。