低コストかつ快適性の高い家造りにローコスト住宅!


ローコスト住宅の特徴

人生の中で最も高い買い物と言われる家造りを低価格で行う手段として、ローコスト住宅があります。標準的な注文住宅の値段は概ね2,000万円前後とされますが、ローコスト住宅に要する平均額は1,000万円程度となることが特徴です。その広さはおおよそ35坪程度、単価に換算するとおおよそ30万円代に設定されていることが一般的です。設備の大量一括購入、設計などの各種システムを合理化するといった手法が取られた規格型住宅として、多くの住宅メーカーから販売されています。

太陽光発電システムや耐熱性、耐震性などに関して、規格型住宅としての最低限必要な機能を備えていることも特徴です。メーカー独自のプランやデザイン等が購入者の好みと一致するなら、住宅づくりの有力な選択肢となります。家造りの予算を抑えた分、子育てなど将来に備えた貯蓄ができるといったメリットがあります。

ローコスト住宅を建てる際のポイントと注意点

広さやデザイン等が制限されているローコスト住宅において、注目すべき点は間取りです。平面図から凹凸のない四角の間取りかつ、2階建ての場合は1階と同様の面積となる、総2階建てがベストの選択肢です。加えて壁などの間仕切りを無し、空間を広くすることで、柔軟な部屋づくりが可能となります。同一素材で内装をまとめることにより、家全体に統一感が出て、部屋を見せる効果がある以外にも、建築コストを抑えられるというメリットを活かせます。

建てた後のメンテナンスやランニングコストにも、注意する必要があります。メーカーに問い合わせて、耐用年数やメンテナンスの頻度や費用を確認しておくことは必須と言えます。

予算3000万の家を建てる場合、地価によって規模が大きく変わります。地価が安ければ敷地が広く取れるので大きな家を建てることが可能です。地価が高い地域では敷地も狭くなるので家も必然的に小さくなります。